大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 断熱リフォーム

断熱リフォーム

住まいの快適度に大きく関わる断熱性能。ここでは、断熱リフォームの種類や費用相場についてまとめていきます。

断熱リフォームのメリット

住宅の断熱性を高めることは、様々なメリットにつながります。どんなメリットがあるのか一つずつ見ていきましょう。

冷暖房効率の向上

断熱リフォームで住まい全体の断熱性がアップすると、外の冷気や熱気が入ってこなくなるため冷暖房効率が向上します。夏場、断熱材たっぷりのクーラーボックスに入れた氷がなかなか溶けないのと同じように、少ないパワーでお部屋を冷やせるのです。寒い冬も同様に、暖房効率が良くなり光熱費の節約につながります。

近年流行しているLDKの間取りなど、大きな空間の冷暖房効率改善効果も期待できます。昨今は、気候変動の影響が大きくなり、それに伴った環境保全も重要になってきている時代です。断熱リフォームによる冷暖房効率の向上は基本となっていくでしょう。

ヒートショックの防止

住まいの断熱性アップは、高齢者の方に多いヒートショック現象による健康被害の軽減にも役立ちます。

ヒートショック現象とは暖かい部屋と寒い部屋を行き来した際に血圧が急激に上下し、心臓や血管に負担がかかって心筋梗塞などのトラブルにつながる症状です。特に寒い冬場の入浴時などに発生することが多く、毎年多くの方が亡くなっている危険な健康被害です。

住まい全体の断熱性が高いと部屋ごとの温度差が最小限に抑えられるため、廊下や洗面所など暖房していない部屋を通るときも体への負担を軽減できます。寒さによる不快感を減らせますので、高齢の方はもちろんさまざまな年齢の方が快適に過ごせるようになります。

断熱リフォームの種類

続いて、住まいの断熱性をアップさせるリフォームの種類を紹介します。断熱リフォームにはさまざまな方法があり、住まいの状況や予算によっても最適なリフォーム方法は変わってきます。それぞれの特徴を理解し、ご自宅にあった方法で取り組むと良いでしょう。

窓ガラスやサッシを交換

熱伝導率の高いガラスや金属でできている窓回りは暑さや寒さが侵入しやすいため、断熱リフォームの効果が高い部分です。特に築年数が経っていて一枚ガラスの窓の家は、全体をペアガラスや二重サッシに交換するだけでもかなりの断熱効果があります。ペアガラスへの交換だけなら部品交換で済むため、工事期間や費用を抑えやすいのも取り組みやすいポイントです。

掃き出し窓など面積の大きい開口部は、さらに高い効果が期待できます。北側の窓など、特に寒さを感じやすい部分は、空気層が厚く断熱効果の高い二重サッシや、トリプルガラスなどを検討するのがおすすめです。

断熱性の高い窓は、冬場の結露防止にも役立ちます。冬の朝や暖房中に窓回りがびしょびしょになってしまうお住まいは、窓断熱のメリットも大きいです。断熱リフォームを検討する際は、まず窓リフォームに取り組むのがおすすめです。

壁裏や床下に断熱材を入れる

日本の法律による断熱性能は基準が低く、品確法と呼ばれる法律で断熱等級などが定められる以前の住まいは壁・床・天井の断熱性能が低いケースも多いです。こうした住まいは壁・天井裏や床下に断熱材を追加することで、断熱性能アップを目指せます。

壁面や天井はグラスウールなどの断熱材を張り付ける方法や、発泡ウレタンを吹き付ける方法などが一般的です。特に二階の天井裏は、夏の日差しで温められた暑い空気を遮断してくれるため冷房効率アップにつながります。

床下は板状の断熱材をフローリングの裏に敷き詰めて断熱します。冬の底冷え防止に役立ち、つま先の冷え性などに効果的です。カーペットに寝転ぶ習慣がある方や、はいはい歩きの赤ちゃんが居るご家庭でもメリットは大きいですね。

外壁側に断熱パネルを貼る

外気と接する壁面の断熱方法としては、外側から断熱パネルを貼り付ける「外断熱工法」もあります。家全体をぐるりと断熱層で囲むことになるため、高い断熱性能が期待できます。内装工事とからまないため、クロスやフローリングを張り替えたばかりのご家庭も検討しやすいでしょう。

外観のイメージを大きく変えることができる点も特徴です。築年数が経った家のイメージを一新したいときにもおすすめ。

ただし、工事規模が大きくなり材料費も高価なため、断熱リフォーム費用の総額は高くなります。

断熱リフォームの費用相場

さまざまな断熱リフォームの方法を紹介しましたが、気になるのはやはり費用です。建物の構造や採用する工法、材料によっても費用相場は大きく変わってきます。適切な断熱リフォームをするためには、家ごとに合わせたオーダーメイドのプランニングが重要になってきます。下記におよその費用目安をまとめますが、あくまでイメージとして考え、必ずリフォーム会社で正確な見積もりを取って下さい。

  • 床の断熱工事 1㎡あたり3,000~5,000円
  • 壁の断熱工事 1㎡あたり5,000~10,000円
  • 天井の断熱工事 1㎡あたり2,000~8,000円
  • 窓の断熱工事 1箇所あたり20,000~100,000円

断熱リフォームの費用を抑えるコツ

住まい全体の断熱リフォームを考えると、費用は決して安くありません。工事後数十年使えることを考えると費用対効果は高いですが、なるべく費用を抑えたいのも正直なところ。そこで、断熱リフォームの費用を抑えるちょっとしたコツや取り組み方を紹介します。

見積もりは細かく正確に

断熱リフォームが予算オーバーに陥ってしまう原因の一つとして、着工後の追加費用が挙げられます。

既存の建物を解体・施工するリフォームでは、想定内の追加費用が出てしまう可能性があります。想定外の費用を完全にゼロにすることは難しいかもしれませんが、見積もりしていざ工事が始まってから追加費用ばかり発生したら、当然予算オーバーになってしまいます。すでに工事は始まっているため、時間をかけて費用の妥当性を確認することもできません。

こうした追加費用をなるべく減らすために、細かい見積もりを出してくれるリフォーム業者を選びましょう。「一式〇万円」のようなおおざっぱな見積もりでは詳しい内訳が分からず、具体的な費用計画が立てにくくなります。さらに、見積もり後に追加費用が多く発生する可能性があります。工事後に追加費用が掛かる可能性がある場合は、事前に説明があると助かるもの。疑問や質問がある場合は遠慮なく問いかけて、なるべく不透明な部分を無くしてから工事を依頼するようにしましょう。

内装リフォームと一緒に行う

壁裏や床下など、多くの断熱リフォームは内装の撤去や復旧をともないます。部分的な復旧にして費用を抑えられるケースもありますが、せっかくならクロスやフローリングも張り替えて一新するとトータルコストを抑えられます。

現在の内装がどれくらいの年数経っているかによっても変わってきますが、10年前後使っているなら断熱リフォームと一緒に内装もリフォームした方がオトクです。数年後に張り替えサイクルが来るため、別々に工事するより工期も費用も抑えられます。

断熱リフォームで快適なお部屋にするなら、内装も新しくして気持ちよく過ごしてみてはいかがでしょうか。

補助金制度を活用する

住まいの断熱リフォームは省エネにつながるため、地球環境保護の観点でも推奨されています。国や自治体が用意している補助金制度を活用できるケースが多いため、断熱リフォーム検討時は必ず補助金の情報をチェックしましょう。

リフォームローンを使って断熱リフォームをする際、減税などの支援制度を活用できるケースもあります。住まい全体の断熱リフォームを考えると予算は決して少なくありませんが、こうした制度をうまく活用すれば自己資金を保ったまま工事することができます。

補助金や減税などの支援制度は工務店からの案内も大切ですが、消費者側自らがチェックすることも大切です。インターネットなどを活用して常に最新情報をキャッチして、うまく費用節約に役立てましょう。

断熱リフォームの上手な取り組み方

住まいの断熱性能は目に見えるものではなく、実際に住み始めて夏や冬を経験するまでは効果が分かりません。せっかくお金をかけたのに効果が出なかった…、という失敗談も少なくありませんから、上手な取り組み方で失敗や後悔を回避しましょう。

住まい全体の断熱を考える

断熱リフォームを考える際は、外気と接する屋根・壁・床全体の施工を考える必要があります。せっかく屋根と壁に断熱材を入れても、床から冷気が上がってきたら断熱効果は半減してしまいます。分厚いダウンジャケットを着こんでも、前を開けていたら寒さは入ってしまうように、部分的に断熱性を高めてもどこかにすき間があれば冷気や熱気は入ってきてしまうものです。

予算との兼ね合いもあるため難しい部分ですが、最低でも一部屋単位での断熱リフォームを検討しましょう。天井・壁・床はもちろん、窓も含めて空間をぐるりと断熱層で囲むのが効果的です。

断熱リフォーム実績のある施工店を探す

断熱工事を依頼するリフォーム店を探す際は、必ず断熱リフォームの実績がある施工店を選びましょう。適切な断熱リフォームで効果を実感するためには、現在の住まいを正しく分析して、適切なリフォーム計画を提案してくれる施工店を選ぶことが大切です。そのためには、「どの工事でどれくらいの断熱効果があるか」という過去のデータ・経験が必要になってきます。

断熱リフォームでは施工技術も求められます。どんなに高性能な断熱材を使っても、施工精度が悪くてすき間が空いていたら意味がありませんよね。施工実績のあるリフォーム業者なら、こうした心配も少ないです。

ホームページに断熱リフォームの施工事例を掲載して、取り扱い工事として断熱工事を記載しているリフォーム業者は実績と自信がある可能性が高いです。ホームページに記載が無かったとしても、見積もりや下見の時点で必ず断熱リフォームの実績を聞いてみましょう。見積もり金額も大切ですが、せっかくお金をかけても断熱効果が得られなかったら意味がありません。しっかり会社を比較検討して、実績と技術力のある施工店をえらびましょう。

まとめ

断熱リフォームの種類や取り組み方のコツなどをご紹介してきました。目に見えない性能である断熱性アップをするためには、施工店の実績や技術力が重要となってきます。安さだけを重視すると工事しても結局暑さ寒さを防げないという失敗につながります。信頼できる会社を探してじっくりと計画をたて、快適性と省エネ性能の高い住まいづくりに取り組みましょう。

決定!
大阪の優良リフォーム会社3選!