ナカヤマ 創建 ナサホーム
リフォーム最大手

事例をチェック>

高い施工技術

事例をチェック>

一貫した品質管理

事例をチェック>

大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 水回り

水回り

▼目次

トイレやキッチン、洗面台などの水回りは、家の中でも非常に劣化しやすい空間です。そのためトラブルが発生しないようリフォームなどの対策が必要になってきます。このページでは水回りをリフォームするメリットやリフォーム事例、リフォームするタイミング、注意点などを紹介するので参考にしてください。

水回りをリフォームするメリット

トイレ

トイレをリフォームする大きなメリットは、掃除の手間を減らせるという点でしょう。フチのない便器や自動洗浄機能が搭載されたトイレ、タンクレストイレなどのタイプを選択することで汚れにくくなり、お手入れなども非常に簡単になります。また旧型よりも1回あたりの水量が少なくて済むため、水道代を節約することも可能です。

人によって、トイレという空間は一人になれるリラックス空間と思っている方もいるでしょう。だからこそリフォームし、自分好みの空間に変えることが出来るのもリフォームするメリットと言えます。機能性だけでなく、見た目もリフォームする上で大切なポイントです。

キッチン

料理する方なら、毎日何度も活用するスペースです。中には1日の大半を過ごす空間になっている方もいるでしょう。それにもかかわらず使い勝手が悪いキッチンだと、楽しく料理できません。キッチンをリフォームすることで、より使い勝手が向上し、掃除もしやすくなるなどのメリットがあります。

また新しいキッチンであれば収納性・デザイン性も充実しているので、スッキリとした理想的なキッチン空間を創ることもできるでしょう。さらに対面式などに変更することで、家族とのコミュニケーションが図りやすい空間になるなどのメリットも。

洗面台

キッチンや浴室などのリフォームよりも洗面台のリフォームは、比較的リーズナブルに行えます。一般的に洗面台に洗濯機を設置しているケースも多く、収納スペースを増やすようなリフォームをすれば家事の効率アップにもつながるでしょう。また照明をLEDライトに変更することで、より明るい空間を演出できるのもリフォームの魅力です。

浴室

浴室のリフォームはオーダーメイドで自由に浴室を自分好みに仕上げる方法と、工場であらかじめ組み立てておくシステムバスにリフォームする方法の2つがあります。近年では浴室のリフォームと言えば、システムバスがほとんどです。リフォームすることで断熱性が高まる、掃除がしやすくなるなどのメリットがあるでしょう。

しかし浴室リフォームのメリットは、綺麗になることでリラックスできるという点です。一日の疲れを取る場所でもあるため、浴室が綺麗だとじっくり身体を休められるでしょう。

水回りのリフォーム事例

事例1:収納力アップの洗面台リフォーム

before/after
水回りのリフォーム事例001

画像引用元:株式会社創建公式ホームページ
https://www.r-skn.com/example/sanitary01.html

たっぷりと収納力のあるTOTOオクターブへと洗面台を変更した事例です。エコミラーなので、ヒーターなしでも鏡が曇ることもなく、三面鏡で鏡の奥も収納になっています。リフォームすることで洗面台がスッキリ片付くだけでなく、見た目もオシャレな雰囲気に仕上がっているでしょう。

事例2:疲れを癒す最高の空間へ

before after
水回りのリフォーム事例003 水回りのリフォーム事例004

画像引用元:KANSAIお風呂リフォーム.com公式ホームページ
https://www.furorefo.com/works/2296p

リフォーム前は壁面パネルがタイル調のユニットバスで、長年使い続けたことで汚れなども目立つ状態でした。そこでリクシルから販売されているマンション用のユニットバスルーム・リノビオVにリフォームすることに。全体的に落ち着いた雰囲気になっており、掃除などもしやす い浴室へと生まれ変わっています。広々とした浴槽でリラックスタイムが過ごせるでしょう。

事例3:真っ白な清潔空間を演出

before after
水回りのリフォーム事例005 水回りのリフォーム事例006

画像引用元:株式会社創建公式ホームページ
https://www.r-skn.com/example/toilet01.html

以前はタンクのあるタイプのトイレで、収納もほとんどない状況。そのためトイレットペーパーなどが放置されることもあったようです。タンクレスのトイレへリフォームすれば、よりトイレの空間を広くできています。また手洗い場やトイレ上部に収納スペースを設けることで、トイレットペーパーなどの備品もスッキリと片付けやすいでしょう。

水回りをリフォームすべきタイミングとは?

水回りのリフォームは、基本的に10年程度経過したころから検討し始めた方が良いでしょう。それはキッチンや浴室、洗面台、トイレなどの設備の耐用年数が基本的に10年~15年程度に設定されており、耐用年数を超えて使い続けることで不具合も起こりやすくなります。とくに浴室などは2年を超えれば、ひび割れから水が入り込み、内部の腐食や白アリの発生などのトラブルが発生するため注意が必要です。もし内部まで腐食が進めば構造部分の補修も必要となり、修繕費用も高くなってしまいます。

また子供が誕生した、身体が動きにくくなったなど、家族構成や身体状況が変わったタイミングもリフォームを検討するタイミングと言えるでしょう。リフォームで使い勝手も良くなるといったメリットが感じられます。

水回りリフォーム時の注意点

トイレ

トイレのリフォームにおいて、一番注意したいのが便器を設置する位置やトイレ空間の広さです。奥行などを考慮したうえで、余裕のある空間を確保できるトイレサイズを考えましょう。もし空間が十分に確保できない場合には、タンクレスなど広く見えるタイプのトイレを選ぶのもアリです。また飛び跳ねなど汚れやすい場所なので、床・壁などの素材選びにも注意してください。ビニールクロスなどのタイプであれば、水・アンモニアにも強いためトイレの壁や床のクロスに適しています。

キッチン

キッチンは家事の中心的なスペースです。そのため家事動線も考えて設計することが大切になってきます。またリビングとのバランスや間取りなども考え、I型・L型・オープンキッチンなどを選択するようにしましょう。たとえば広々としたキッチンが理想と考え、キッチンスペースを確保しすぎれば、自ずとリビングが狭くなってしまうことも。本当に必要な広さなども踏まえて、リフォームを考えることが大切です。

洗面台

洗面台をリフォームする際、一番考えておきたいのがコンセントの数や位置です。洗面所はドライヤーなどの電化製品を多く使用する場所なので、コンセントが使いにくいと非常に不自由を感じてしまうでしょう。

浴室

つい見た目だけで、浴室の設備などを選んでしまうでしょう。しかし浴室リフォームで重要なのは機能性です。水が乾きやすい・浴室の床が暖かいなど、様々な設備も搭載された浴室もあります。そう言った機能も状況に合わせて検討すると良いでしょう。また浴室の場合ヒートショック対策を講じなければ、冬場の心筋梗塞・脳卒中などのリスクが高くなってしまいます。そのため浴室や脱衣所などの暖房も検討した方が良いでしょう。

決定!
大阪の優良リフォーム会社4選!