ナカヤマ 創建 ナサホーム
リフォーム最大手

事例をチェック>

高い施工技術

事例をチェック>

一貫した品質管理

事例をチェック>

大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 戸建てリフォーム

戸建てリフォーム

▼目次

築年数の経った戸建て住宅のリフォームを考えている人にとって、「どのくらいの費用がかかるの?」「工事期間が長くかかりそう…」などの悩みはつきものです。

このページでは、戸建てリフォームのメリットや工事期間、費用や注意点などをまとめています。大阪の業者をメインにリフォーム事例も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

戸建てリフォームのメリット

築年数が古くなった場合や「リフォームと建て替え、どちらが良い?」と迷っている場合、まずはリフォームのメリットを知っておくのがおすすめです。しっかりと内容を確認し、希望する工事が可能かどうかを検討してみましょう。

新築を建てるよりも安い金額で住宅をきれいにできる

戸建てのリフォームは、新築を建てるよりも費用を抑えられるというメリットがあります。リフォームは希望する箇所やある程度の工事内容を自身で選択できるので、予算の範囲内で住まいをきれいにすることが可能です。そのため、「限られた予算の中で美しい住まいを実現したい」という人にも向いているでしょう。

とはいえ、費用が安く済むリフォームは、もともとの構造や間取りを活かした工事だけです。間取りの大きな変更や耐震補強工事の内容、水回りの移設などを行う場合は、新築と変わらない程度の費用がかかる可能性があります。

また、同じ工事であってもリフォーム業者によって費用が異なるため、なるべく安く済ませたい場合は複数の業者に見積もりを依頼するのがベストです。

理想の住宅を手に入れられる

リフォームを検討している人の中には、「新築のようにイチから家づくりをした方が、満足のいく仕上がりになるのでは?」と考えている方もいるでしょう。たしかに新築はまっさらな状態から住まいのテイストを考えられるので、満足のいく仕上がりになりやすいのが特徴です。

しかし、リフォームも細かい箇所までとことんこだわることができるため、購入当初と好みが変わっていても問題なく理想の住宅を手に入れられます。また、近年人気が高まっている古民家リフォームや和モダンスタイルなどは、新築では実現できない雰囲気を出せること間違いありません。

思い出のある住宅を後世に残せる

現在住んでいる家をリフォームすれば、たくさんの思い出が詰まった住まいを次の世代に残せます。梁や柱、間取りなどはそのままにリフォームを行うことで、きれいで快適性の高まった空間の中にも懐かしさを感じられるでしょう。

家族のかたちは時代とともに変化していきますが、リフォームできれいにした住まいに刻まれた思い出はいつまでも残り続けます。そのため、特に「将来的に子どもへ住まいを引き継いでもらいたい」と考えている人にもおすすめです。

戸建てリフォームの費用相場

一戸建てをリフォームする場合の坪単価は、10万円〜73万円が目安となることが多いです。もちろん、リフォームは新築とは異なり、希望する箇所のみをきれいにできるので、工事の規模によってトータル費用は大きく変わります。

具体的に、水回り交換やフローリング・クロスの張り替えといった原状回復を目的とした工事の場合、費用相場は200万円~500万円程度です。一方で、耐震補強などの構造部分を変えたり間取りを変更したりという大規模工事の場合は、1,000万円以上の費用が必要になることがあります。

また、リフォームにかかる費用は、住まいの劣化具合や依頼先の業者によっても変わるため、最終的にどれくらいのコストがかかるのかはリフォーム会社に確認しましょう。

参照元:リショップナビ公式サイト(https://rehome-navi.com/articles/56)

戸建てリフォームの費用をできるだけ抑えるには

戸建てリフォームで少しでも費用を抑えるために、最低限身に着けておきたい知識をまとめました。1つ知っておくだけでも大幅なコストダウンにつながる可能性があるため、ぜひチェックして実践してみてください。

住宅設備はメーカー指定しない

システムキッチンやシステムバス、洗面台やトイレといった水回り設備は、「絶対にこのメーカーが良い!」という希望がなければ業者に任せるのがおすすめです。取り扱いメーカーが決まっているがどうかは、メーカーごとに異なります。取り扱いメーカーが決まっている場合、まとめて仕入れることでコストダウンしているケースがほとんどなので、リフォーム費用が安くなる可能性が高いです。

もちろん、メーカーを指定しないだけのため、希望する機能やカラーなどを伝えれば最適な設備を提案してもらえます。

複数の業者に見積もりを依頼する

リフォームをするにあたり費用面に不安を感じている人は、必ず2~3社から見積もりを出してもらってください。そもそもリフォームには定価がなく、同じ工事内容であっても業者によって費用が大きく異なるのです。中には定価がないのをいいことに、相場よりも高い見積もりを提示してくる業者も存在します。

しかし、複数の業者から見積もりを取っていれば、費用相場を把握することが可能です。見積もりの項目も業者ごとに表記方法が異なるので、分からない部分はしっかりと確認するのも忘れずに行いましょう。

戸建てリフォームの事例

戸建てリフォームの事例1

2階リビング部分
戸建てのリフォーム事例01

画像引用元:株式会社創建公式ホームページ(https://www.r-skn.com/example/all17.html)

鉄骨の梁をむき出しにすることで天井を高くし、もともと1階にあったリビングを2階に造った事例です。天井が高くなったことで縦のスペースが増え、ロフトのある空間を実現。日当たりも良く、開放感のあるリビングルームになりました。

白のクロスにダークブラウンの梁とフローリング、黒のインテリアがマッチし、シックで落ち着いた空間になっているのもポイント。吹き抜け階段を採用しており、家族の気配を感じることができる2世帯になっています。

戸建てリフォームの事例2

LDK部分
戸建てのリフォーム事例02

画像引用元:株式会社創建公式ホームページ(https://www.r-skn.com/example/all18.html)

築20年の住まいをリフォームした事例です。ツヤのある鏡面仕上げのフローリングに真っ白な壁と天井を組み合わせているので、どんなインテリアにも馴染むのが良いところ。照明器具のアイアンとドアにデザインガラスを使うことで、メリハリを生み出しています。

キッチンは濃い木目のダイニングテーブルを設置。システムキッチンと色味を合わせており、一体感をもたらしているでしょう。こちらの住まいはLDK以外にも、トイレ・洗面所・寝室・和室・玄関・収納・屋根・外壁などのリフォームを行っています。

戸建てリフォームの注意点

リフォームは戸建て住宅とは違い、構造や間取りなどの問題でできない工事があります。また、いざ工事をスタートしたものの、思ったような仕上がりにならないこともあるでしょう。ここからはリフォームの注意点をまとめています。

ツーバイフォー住宅はリフォーム内容に制限がある

住宅の設計方法によってはリフォーム内容に制限があります。特にツーバイフォー住宅は床・壁・天井を面で組み立てて造られているため、柱や壁を抜けない可能性が高いです。間取りを変えたりスペースを広くしたりというリフォームを希望する場合は、修繕可能な箇所が限られてくるので、思い通りの仕上がりを実現するのは難しいでしょう。

施主支給はリフォームに失敗する可能性がある

戸建てのリフォームで意外と多いのが、施主支給による設備入れ替えです。これはリフォームを依頼する施主があらかじめ新しい建材や設備を用意し、それらを使用するよう業者に依頼する方法を指します。

施主支給には自分好みの設備を使用できるというメリットがありますが、場合によっては用意していたものが使用できない、別途料金が発生してしまうなどのトラブルが発生しやすいです。もしも施主支給でのリフォームを考えている場合は、建材や設備を用意する前に業者へ相談しましょう。検討しているものが使用可能か、業者で用意している設備との料金比較などにも応じてもらえます。

決定!
大阪の優良リフォーム会社4選!