大阪の優良リフォーム業者 HOME » 知っておきたいリフォームの基礎知識 » 意外と費用がかかる?オール電化リフォーム

意外と費用がかかる?オール電化リフォーム

オール電化とは、家庭で使うエネルギーの全てを電気にすることです。

お風呂のお湯を沸かすためにガスを使っている家庭や、台所にガスレンジやガス給湯器を置いている家庭も多いですが、オール電化にすればガス設備は一切必要なくなります。

この記事では、オール電化にリフォームするための費用や、オール電化のメリットとデメリットをご紹介します。

オール電化に必要な設備

電化キッチンと夫婦

オール電化にするとガス設備がなくなるので、その代わりとして電気をエネルギーとする設備を導入することになります。

どのような設備なのか、代表的な例を挙げていきます。

IHクッキングヒーター

わかりやすいオール電化の例です。オール電化を宣伝するテレビコマーシャルでもよく映ります。

ガスコンロの代わりとなる電磁調理器で、電気の熱で鍋やフライパンを温めます。ヒーター3口にグリル付きのものが主流です。

ガスコンロと違って凹凸がないので、手入れが簡単です。

火を使わないので子供が使っても火事の危険が少ないのも魅力の1つです。

IHに対応した調理器具が必要なのが難点かもしれません。

電気給湯器

お風呂や台所にお湯を供給する機械です。オール電化ではガス給湯器から電気給湯器に切り換わります。

エコキュートなどが人気があり有名です。人気の理由は熱効率の良さで、オール電化=エコキュートというイメージを持っている人もいます。

デメリットとして、設置スペースをやや広く取る必要があることが挙げられます。また、多少音が鳴るので、これを気にする人もいます。

暖房器具

オール電化ではガスを使えないので、ガスファンヒーターが使えません。

その代わり、電気ストーブ、床暖房、蓄熱式電気暖房器などを使います。

床暖房では、電気でお湯を作ってその熱を利用するヒートポンプ式温水床暖房が人気です。ランニングコストの安さがメリットです。

蓄熱式電気暖房器具とは、コストの安い夜間電力で蓄熱レンガ等を温めて、昼間にその熱を排出して部屋を暖めるものです。

基本的には常に熱を出しているのですが、夜間にのみ電気で蓄熱する関係上、蓄熱量の設定によって電気代が変わります。

また、ファンを使って温風を出すタイプのものは、ファンの分の電気代がかかります。

オール電化リフォームにかかるコスト

各設備の導入費+既存の設備の撤去費+工事費がトータルコストになります。

IHクッキングヒーターは10~20万円程度の商品が多く、エコキュートは20万円近くします。

これに撤去費と工事費が加わると、さらに15万~25万円程度上乗せされるので、税込みで50~70万程度を見込んでおきましょう。

業者によって工事費などは変動するので、いろいろな業者に相見積もりを依頼することで安い業者を選ぶこともできます。

なお、暖房器具は後から買い揃えることもできるので、ここでは除外します。

オール電化にリフォームするメリット

夜間の電気代が安くなる

オール電化にすると、電気代の安い深夜電力を使えるようになります。

特にエコキュートなどは夜間の安い電力でお湯を作り、それを貯めておいて日中に使うため、普通に電気でお湯を沸かしたときと比べると低コストでお湯を使えます。

トータルの光熱費が安くなる可能性がある

オール電化にするとガス代がなくなるので、その分のコストが浮きます。

その代わり全てを電気で賄うので電気代がアップしますが、ガスを併用するよりオール電化の方がトータルでの光熱費を安く抑えられる場合があります。

火事の可能性が少なくなる

ガスレンジは炎を出して食品を調理するため、炎が何かに燃え移ると火事になります。

IHクッキングヒーターは炎を出さないので、炎が何かに燃え移ることがありません。

ただし、調理器具を異常に発熱させると発火する可能性はあります。

ガス中毒のおそれがない

ガスを使うと二酸化炭素が出ますし、ガス漏れの可能性もあります。不完全燃焼させてしまうと一酸化炭素中毒になるおそれまで出てきます。

電気ではこのような心配がありません。

災害時の復旧が早い

電気はガスや水道に比べて、災害時の復旧が早いです。

ガスや水道は2~3週間以上かかることもありますが、電気は1週間以内に通じるとされています。

阪神大震災を例に挙げると、電気は7日で復旧したのに対し、ガスは80日の期間を要しました。

オール電化にリフォームするデメリット

雷とショック顔の野菜

初期コストと時間がかかる

オール電化にするためには50万円以上のまとまったお金が必要です。

また、工事自体はすぐに終えられるとしても、どういった施工にするか業者と検討したり打ち合わせしたりする時間が別途必要になります。

昼間の電気代が高い

オール住宅向けの電気料金は、深夜の時間帯が格安になっています。

しかし日中の電気料金は寧ろ高額なことが一般的です。午前10時から夕方5時くらいに電気を使うと、高い電気代を支払うことになります。

日中に誰もいない家庭ならいいのですが、そうでない場合は高額な電気代を使うことになります。

また、IHクッキングヒーターは多くの電気を使うため、アンペア値を高くする契約をする必要があります。アンペア値を高くすると基本となる電気代が変わり、ますます光熱費がかかってしまいます。

停電になると困る

何らかの理由で停電になった場合、ガスを併用している住宅であればガスレンジで料理をできますし、ガス給湯器でお風呂を沸かすことも可能です。

しかしオール電化の家では、電気が止まったら基本的に熱源はありません。料理や入浴をすることは不可能なのです。

調理に不満が出ることも

IHクッキングヒーターでは使える鍋やフライパンの種類が限られているので、これを不満に思う人もいます。特に中華鍋など丸底のものには注意が必要です。

また、ガスレンジの火力に慣れてしまった人は、IHクッキングヒーターの火力や使い勝手に不満を感じるかもしれません。

よほど食費に余裕がない限り、調理をするのは必要不可欠ことなので、ここに不満があると生活上のストレスを感じやすくなります。

まとめ

オール電化にリフォームする場合には、50万円以上のコストがかかると思ってください。

また、オール電化にしたからと必ずしも光熱費などのランニングコストが軽減されるわけではありませんので、その点も注意してください。

一方で、安全面や災害時の復旧の速さなど、オール電化には多くのメリットがあります。メリットとデメリットをよく考えて、リフォームするかどうか検討してください。