大阪の優良リフォーム業者 HOME » 知っておきたいリフォームの基礎知識

知っておきたいリフォームの基礎知識

リフォーム成功の第一歩。知っておきたい基礎知識をまとめています。

事前準備と基礎知識力が、リフォームの成功を決める!

リフォームを成功させるためには、事前準備と最低限の基礎知識をしっかりと備えておくことです。その上でリフォームの目的をハッキリさせましょう。

まずは業者選びから施工完了までのおおまかな流れをしっかりと理解しておくこと。施工規模によっては大掛かりになるので、スケジューリングは大切な作業です。

さらに資金計画は重要な準備計画のひとつです。リフォームやリノベーションの内容によっては、各自治体の助成対象になるものもあります。ローンの利用方法や減税、助成の対象となる要件についても調べてみましたので、該当される方は利用するとおトクにリフォームできますよ。

そして肝心のリフォーム業者選び。理想的なリフォームを実現するには、なによりも施工してくれる会社選びがもっとも大切です。この点についても優良なリフォーム会社の選び方を解説しています。

いずれにしても事前準備しっかりとできているかどうかで、リフォームが成功するか、大きくかわってきますので、悔いを残さないようにしっかりと準備しておきましょう。

必要な準備と流れ

何のためにリフォームするのか、目的をしっかりとさせておくことは大切です。家族構成に変化があり、間取りを再検討するのか、古くなったキッチンやバストイレなどの設備工事なのか、耐震、断熱、バリアフリー化など付加価値を向上させるためなのかなどなど。リフォームには様々なきっかけがあります。ついでだから、あれもこれもと考え出すとまとまりがつかなくなり、予算も膨大になります。ゴールをきちんと決め、軸をブラさないためにも計画はしっかりと立てましょう。

新築もリフォームも業者選びは大きなポイントになりますが、新築と違ってリフォームは工事費用の相場費用がわかりづらいという特徴があります。複数業者の相見積もり、プランの比較を新調に行うことも大切です。

そして、リフォーム中の仮住まいはどうするか。そして、それら諸々の資金計画は大丈夫か。スタート前に知っておくべきことを、順序立てて解説します。

>>必要な準備と流れ

資金計画の立て方

まずは必要な予算を知ること、そしてそれを、どうやって工面するかが資金計画のポイントです。リフォーム費用は、建物の現状に大きな影響を受けますし、リフォーム会社による違いもあります。できるだけ多くのリフォーム業者から相見積もりを取り、比較することをおすすめします。費用の概算がわかるだけでなく、リフォーム計画のゴールがより明確になります。

概算費用がつかめれば、具体的な資金計画の検討です。その時には税金等の諸費用も忘れないようにしましょう。以下では、ローンの利用法やそれに伴う減税措置、バリアフリー住宅の助成金についても紹介しています。

>>資金計画の立て方

優良リフォーム業者を選ぶポイント

リフォーム工事における、業者選びはかなり重要なポイントです。新築と異なり、リフォームは工事の全体像の把握が難しく、業者の技量の把握が困難です。

例えば、経験豊富な優良業者なら、建物の使える場所や資材を上手く活かしたリフォームを行ってくれますが、いい加減な業者だと痛みの少ない部分まで、解体して余分に費用をかけることもあります。費用調査のために、複数業者からの相見積もりが大切ですが、決して価格だけで決めずに地域での評判や施工事例など、参考にできるものは何でも確認して、納得できる業者を選びましょう。

以下では、信頼できる大阪のリフォーム業者を選ぶためのポイントを、1つ1つ整理して解説しています。

>>優良リフォーム業者を選ぶポイント

リフォーム費用の相場

リフォーム費用の金額は、複数業者による相見積もりが大切です。ですが、相見積もり以前に、理想を詰め込みすぎた無茶なリフォーム計画になっていては、相見積もりに来てもらう意味がありません。そもそもこの工事の規模なら、おおよそこのくらいの費用でいけるはず、という呼び知識を持ち、リフォームの計画、ゴールを想定することが大切です。

以下では建物の部位、場所ごとのリフォームのポイントとおおよその金額を紹介しています。計画しているリフォームが、大体どのくらいの費用になるのか、少なくすむ場合、予想以上に費用がかかる場合など複数を試算し、確認してみましょう。その結果で、こちらの予算を抑えて、こちらの設備をグレードアップしようといった、具体的な計画の見直しも可能になります。

>>リフォーム費用の相場

住宅の増改築に関わる税金と減税制度

小規模なリフォームでは無関係なのですが、住宅の価値があがるような大規模リフォームだと、その差分に応じた税金が課せられます。また税金以外にも登記にかかる費用も必要になります。以下で詳しくまとめているので、その予算も準備しておきましょう。

その一方で、税制控除や助成制度の対象となるケースもあります。特に省エネ、耐震、バリアフリーに関するリフォームは、控除対象になる可能性があります。知らずにいて、控除を受け損なったということのないように、しっかりとチェックをしましょう。以下では、事例と関連する国税庁のサイトの紹介もしています。

>>住宅の増改築に関わる税金と減税制度

どちらを選ぶ?リフォームと建て替えの違い

家を建てて何十年も経つと、ライフスタイルの変化や住宅の老朽化の問題が出てきます。家族構成が変われば間取りを変えたくなりますし、移動の安全性や快適さを求めて室内をバリアフリーにしたくなるでしょう。古くなったキッチンやトイレ・バスルームを、新しく使いやすいものに入れ替えるためカタログを眺めるはずです。そういった問題を解決するとき、建て替えやリフォームが考えられます。

家を解体して新しく立て直すか、今ある家に手を加えて改善させるか、どちらもメリットとデメリットがあります。建て替えのメリットは、自由に設計できるのと予算計画のシンプルさです。

土地だけを活かし、新たに建物を立て直すので今抱えている問題を必ず解決できます。一方で、デメリットは費用が高くつくところ。さまざまな税金もかかり、建て替え中は仮住まいでの生活費も必要になるので注意が必要です。また、法律や条例の変更で、建て替えそのものができない場合があります。事前の確認は忘れずに行ないましょう。

リフォームのメリットは今ある家を有効活用できるので内容によっては安くつくところです。今の家に少しだけ不満があって、ピンポイントで改善したいのであればリフォームがおすすめです。デメリットは工事内容や価格がわかりづらいので、適切かどうか相見積もりで比較して確認しないといけません。リフォームを行なうなら必ずしておきたい調査ですが、非常に手間がかかるので早めに行動していきましょう。

建て替えとリフォームのメリットとデメリットを把握して、今後のライフスタイルに適したほうを選ぶのがおすすめです。以下では、建て替えとリフォームのポイントをより詳しくまとめて解説しています。

>>どちらを選ぶ?リフォームと建て替えの違い

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームは昔からよく聞く言葉です。リノベーションは、最近になって住宅用語でよく耳にするようになった言葉です。ですが、その使われ方は、リフォームと似ていて、どう使い分ければよいのかわからないという方も多そうです。

どちらも日本語に言い換えれば、古い住宅の修理、修繕の意味で使っています。ところが、英語圏では、「reform」は住宅の修理の意味には使いません。「reform」という英語は、改善する、是正するといった意味で使われますが、使い所は住宅に限りません。むしろ住宅で使われることは少なく、建物で使うなら、構造(骨組み)をよくするといった意味で用いられます。

一方の「renovation」は、修復や改装といった意味で用いられ、どちらかといえばこちらが、リフォームに近い単語です。「remodel」という単語も似た意味で用いられます。

元々の使われ方がおかしかったので、混乱していますが、日本の住宅用語としては、リフォームとリノベーションは、以下のように使い分けられています。

>>リフォームとリノベーションの違いとは

意外と費用がかかる?オール電化リフォーム

地球温暖化問題で、エコが話題となることが増えています。また、オール電化住宅の宣伝にも盛んに「エコ」という言葉が用いられています。この「エコ」と温暖化問題の「エコ」は全くの別物です。温暖化問題はエコロジーのエコ、オール電化住宅はエコノミーのエコです。前者は自然環境保全で、後者は経済的という意味です。わかりにくい宣伝を見かけることもありますが、オール電化住宅を検討する際は、そのメリットを取り違えないようにしましょう。

オール電化住宅とは、深夜の安い電気料金を活用することで、家全体の光熱費を安く済ませることが可能になる住宅です。また、電力会社の選択自由化政策によって、より安いプラン、よりライフスタイルにあったプランを選ぶこともできるようになりました。このこともオール電化住宅推進の追い風になっています。

いいこと尽くめのように見えるオール電化住宅ですが、実はデメリットも少なくありません。停電時には、家の機能がすべて使えなくなります。新築でオール電化住宅を建てるならともかく、リフォームでは、費用もかなりかかります。

以下では、このようなオール電化住宅のメリット、デメリットについて更に詳しく紹介します。

>>意外と費用がかかる?オール電化リフォーム

リフォームのトラブル例

長年住んできた家も、年月とともに老朽化や現在のライフスタイルに合わない部分が出てくるものです。そこで、一念発起してリフォームを行ったにもかかわらず、新たな問題が発覚してしまった。このような事態は、他人事でもちょっと笑えない事態です。

リフォーム後の後悔は、計画時のわずかなチェック漏れ、不用心で起きることが大半です。かえって使いづらい間取りになったり、必要な場所にコンセントがなかったり、家具と壁紙が調和しなかったり、もう少し考えていればと悔やんでしまいます。また、施工業者への不満も、後悔の1つになります。

どんな後悔が多く見られるのか、実例を参考に、自分のときだけは後悔しないように気をつけましょう。

>>リフォームのトラブル例

地震に備えた住宅の耐震補強リフォームとは

日本は地震大国です。近年発生している大地震のニュースをみるたび、地震警報が鳴るたびに耐震補強工事をするべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族の命を守り、財産を守るためにも、家が地震で崩れないように対策を考えるのはいまからでも遅くありません。耐震リフォームで万が一の地震にも耐え抜けるよう対策を考えていきましょう。

>>地震に備えた住宅の耐震補強リフォームとは