大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 洗面

洗面

毎日利用する洗面は老朽化が起こりやすい場所です。物を落として洗面ボウルが破損してしまったり、使い勝手が悪かったりで新調したいと考えている方もいるでしょう。ここでは洗面のリフォームを考えている方にリフォームのポイントや相場を紹介します。

洗面のリフォーム

洗面のリフォームはどのような時に検討するのでしょうか? 洗面台をリフォームするきっかけには老朽化やライフスタイルの変化などが関わっています。

洗面が破損したためにリフォーム

洗面を長年使用していると、破損することがあります。例えば、洗面ボウルに硬い物を落としたことで割れてしまったり、パイプの部分に亀裂が入ったことで水漏れを起こしてしまったりと、原因はさまざま。

洗面ボウルの割れた部分をパテで補修して使い続けることも可能ですが、見た目が悪くなってしまうので、洗面のリフォームを考える方が多いようです。このようなケースのリフォームでは洗面ボウルのみを交換する方法と、洗面化粧台全体を交換する方法を検討してみましょう。

使い勝手が悪くなりリフォーム

ライフスタイルの変化によって洗面の使い勝手が悪くなるあります。最初の頃は問題なく使っていても、家族が増えたことで広い洗面台欲しくなったり、洗面所に置いている物が多いため、大きなキャビネット付きの化粧台へのリフォームを考えたりなど、その時のライフスタイルによって使い勝手も変化するものです。

洗面のバリエーションは豊富なので、その時々に合わせて使いやすい洗面へとリフォームを検討しましょう。

老朽化によるリフォーム

洗面台の平均寿命は15〜20年であると言われています。長年使い続けていれば必ず老朽化を起こして、どこかしらに不具合が出てきます。例えば、「蛇口の締りが悪くなり水が漏れてしまっている」、「ヒビの入った箇所からいつ水が漏れてきてもおかいくない」など、経年劣化はどうしても避けられません。

また、メンテナンスの不足で寿命を短くなるケースもあります。水垢などが原因でパッキン部分が劣化したり、湿気対策を怠ったことでキャビネット部分が破損してしまったりすることも。

洗面台もどんどん進化を遂げて、より良い機能を多く備えた物が主流になってきました。老朽化によるリフォームを検討している方は、思い切って最新式の物へと交換するのもいいでしょう。

洗面の種類

洗面台

洗面台は最もシンプルで、洗面ボウルと水栓だけが備え付けられています。また、独立して壁面に鏡を設置している場合が多のも特徴的。機能としては手洗いや洗顔ができるシンプルなものが多い傾向にあります。

古い住宅にも洗面台はよく設置されていますが、収納やコンセントが付いていないタイプの洗面が多いので、使い勝手の面はあまり良くありません。

洗面化粧台

洗面化粧台にはユニットタイプ・システムタイプ・カウンタータイプの3種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ユニットタイプ

ユニットタイプは一般的な家庭で最も採用されているタイプの洗面化粧台です。洗面ボウル、水栓、鏡が一体型となっており、その他にも照明やカウンター下収納、コンセントなどがセットになっています。

サイズも60cm・75cm・90cmの3種類から選べるので、洗面所が狭い家庭でも設置することが可能です。

システムタイプ

システムタイプは洗面ボウル・水栓・鏡・カウンター下収納・コンセントの基本設備の他に、好みの位置に収納棚を取り付けが可能。全てのパーツを自由に組み合わせられるのが特徴です。

パーツごとに様々なデザインが用意されているので、浴室の雰囲気に合わせるなどトータルコーディネートがしやすくなっています。

カウンタータイプ

カウンタータイプは広いカウンターを備えたタイプの洗面化粧台で、システムタイプの一種として数えられます。洗面台のスペースを大きく取れるのが特徴的。システムタイプとは異なりカウンターや鏡、照明などを独立させて設置します。

また、洗面ボウルのタイプにはカウンターの上に設置するものと、洗面ボウルとカウンターが一体化しているものがあります。システムタイプのように大きな収納はないので、スタイリッシュな見た目になっています。

洗面のリフォーム方法

洗面化粧台を交換する

洗面が破損したり、老朽化したりしている部分のみの交換も可能ですが、発売から年月が経っているとパーツの在庫がないこともあります。そのため洗面のリフォームでは洗面化粧台を交換するのが一般的です。

洗面所の他のスペースはそのままに、洗面化粧台のみを交換するので大掛かりな工事も必要なく、半日から1日で工事が完了します。

洗面空間をまるごとリフォームする

まるごとリフォームする場合には大掛かりな工事が必要になり、相応の日数がかかります。この場合、あわせて床やクロスを湿気に強いものに替えてしまうのがおすすめです。

水回りのリフォームを一箇所ずつ行うと費用も日数もかかってしまいます。このため、お風呂やトイレなど他の水回りも合わせてリフォームしてしまう方が良いのです。

洗面のリフォーム相場

ユニットタイプ

ユニットタイプの洗面化粧台であれば、20万円未満でリフォームが可能です。ただし、リフォームできるのは洗面台の交換やクロス・床の張替えのみ。最低限の機能だけを備えたい方におすすめです。

洗面化粧台の交換は半日から1日程度で完了するので、かかるコストと時間を抑えられます。

スタンダードタイプ

スタンダードなシステムタイプの洗面化粧台の交換とクロスや床の張替えには、一般的に20万円以上の費用がかかります。工事にかかる日数も3日程度。ユニットタイプと比べると大掛かりな工事になります。

洗面化粧台を多機能のものに交換する場合にはさらに費用がかかるでしょう。湿気などで洗面所に傷みがある場合は、追加で補修工事が必要になるケースもあるので事前に痛みがないかチェックするのがおすすめです。

ハイグレードタイプ

グレードの高い洗面化粧台やパーツの素材にこだわってリフォームする場合、50万円を超える費用がかかることも。大きな収納を設置したり、バリアフリー対応にしたりするとさらに値段は上がります。

洗面台の場所移動やセカンドの洗面台を設置するのであれば、配管の工事も必要になるので、多くの工事日数と費用がかかるでしょう。

洗面のリフォーム事例

当サイトで紹介しているリフォーム会社による、洗面のリフォーム事例をいくつか紹介します。

事例1:大型収納付きの洗面化粧台へと交換

洗面のリフォーム事例001

画像引用元:創建公式ホームページ
http://www.r-skn.com/example/sanitary01.html

マンションの築年数が16年と老朽化が進んでいたために、洗面化粧台を新しい物へと交換し、洗面台の三面鏡には曇りにくい「エコミラー」を採用。収納部分にはシックなブラウンを取り入れているので、落ち着いた雰囲気に。床とクロスも白へと変更しています。

工事詳細

  • 費用:ー万円
  • 施工期間:ー日
  • リフォーム箇所:洗面所

事例2:既製品の洗面台をアレンジ

before after
洗面のリフォーム事例002 洗面のリフォーム事例003

画像引用元:ナサホーム公式ホームページ
https://nasahome.co.jp/works/w_lavatory/20160215tilet

設置された洗面台は既製品ですが、タイルとニッチを造作することでオリジナリティを演出。鏡と洗面台の間にはブルーのガラスモザイクタイルで装飾を施し、元々収納があった部分にはニッチを造作しています。床部分のタイル調なので統一感が感じており、全体的なイメージのテーマは海と自然を思わせるテイストです。

工事詳細

  • 費用:ー万円
  • 施工期間:ー日
  • リフォーム箇所:洗面所

事例3:年季の入った洗面化粧台を新しく交換

before after
洗面のリフォーム事例004 洗面のリフォーム事例005

画像引用元:ホームパートナー公式ホームページ
http://www.home-partner.jp/sekoulist/washstand-20171019.html

既存の洗面化粧台はよく使い込まれ年季の入った一面鏡タイプのものでした。新しく交換した洗面化粧台も一面鏡のものですが、以前と比べて洗面ボウルが大きくなり使い勝手が良くなっています。鏡の両サイドには収納スペースが設置。同時にクッションフロアーとクロスの張替えも行っています。

工事詳細

  • 費用:約9万円
  • 施工期間:約2日
  • リフォーム箇所:洗面所

洗面をリフォームするメリット

洗面は毎日使っているので、経年劣化に気付きにくいかもしれません。しかし、劣化した部分をそのままにしておけば、パーツのヒビ割れや水漏れが起こる可能性があります。水回りのトラブルを事前に防ぐという意味でも洗面のリフォームには多くのメリットがあるのです。

洗面台は多機能を備えた多くの商品が開発されています。リフォームを検討されている方の多くは10年以上前の洗面を使い続けているでしょう。10年前の旧型と最新式の洗面を比べると、やはり格段に優れた機能を備えています。洗面をリフォームすることで、使い勝手が悪いと気になっていたことが解消されるかもしれませんね。

また、近年ではオシャレでスタイリッシュなデザインの洗面化粧台がたくさん販売されています。毎日使う洗面空間だからこそ、清潔で気分の上がる場所へとリフォームするのもおすすめです。

洗面をリフォームするタイミング

洗面のリフォームは老朽化や破損、水漏れなどのトラブルが起こったタイミングで行うのがおすすめです。

日々のメンテナンスを怠らずに大事に使っていれば、平均寿命の15〜20年と言われています。とはいえ、全ての物には耐久年数が存在しているので、寿命を超えての使用は思いもしないトラブルに繋がることも。洗面台は使いはじめて10年が過ぎた頃から、不具合が生じていないかと注意しておく必要があります。

また、ライフスタイルの変化があった時もリフォームを考えるタイミングとなるでしょう。子どもが高校生や大学生へと成長するにつれて、洗面の使い勝手も異なります。「朝の忙しい時間帯にはもっと広い洗面台の方が良い」、「ドライヤーを使いたいのにコンセントが足りない」など、多くの要求が出てくるはずです。

洗面は家族が毎日使用するスペースなので、トラブルや不満を抱えているよるもリフォームをして快適に暮らすのが良いでしょう。

洗面の使い勝手で快適さが変わる

洗面をリフォームする際には、どのようなことに注意しておけば良いのでしょうか?

洗面は使い勝手によって快適さが大きく左右されます。洗面台の高さが合っていなかったり、洗面台の横にタオルを収納するためのスペースがあれば便利であったりと、使っているうちに不満が生じることもあるはず。

洗面のリフォームを行う場合は、機能だけでなく使い勝手にも注意しなければなりません。割れにくいタイプや汚れが付きにくいタイプの洗面ボウルを選ぶことで長く使い続けられますし、収納が多く設置されたタイプを選べば洗面すスペースをすっきりさせられます。

洗面のリフォームでは、今のライフスタイルと数年先のライフスタイルを考慮に入れて行うのが良いでしょう。

まとめ

洗面のリフォームにかかる費用の相場やリフォーム方法、リフォームするべきタイミングや注意点などが理解できたと思います。洗面のリフォームは規模によって費用が異なりますし、家族の人数やライフスタイルでも適したタイプの洗面化粧台は異なるもの洗面台を使い始めてから10年以上経っている方は、リフォームを検討し始めておくのがおすすめです。

決定!
優良リフォーム会社3選!