大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » トイレ

トイレ

大阪の優良リフォーム会社が手掛けたトイレのリフォーム事例を紹介しています。また、費用相場もまとめています。

トイレリフォームで知っておきたいトイレの種類

使いやすさから現在多くの住宅で取り付けられている洋式トイレ。一口に洋式トイレといっても、ウォシュレットや一体型の多機能トイレ、収納付きトイレなど、デザインや性能に大きな違いがでています。どういった種類や特徴があるのか見ていきましょう。

組み合わせトイレ

組み合わせトイレのメリットは、価格を安くできる点です。下の便器部分と上の便座、ウォシュレット部分を組み替えて購入できるので、デザインや性能から選ぶことができ、価格を抑えることも可能です。

故障した部分だけの交換ができるといったメリットがあります。形が異なるため掃除がしにくい他、タンクの貯水で溜まるまで使えないなどのデメリットがあります。

一体型トイレ

ウォシュレット・タンク・便座が一体型のタイプ。一体型のメリットは、凹凸が少なく一体感のあるデザイン性と掃除のしやすさです。手洗いあり・手洗いなしなどの選択が可能です。

一体型のため、タンクなどの故障が起きた場合はまるごと交換になるデメリットがあります。価格はシステムトイレと同等程度で売られています。

タンクレストイレ

洋式トイレの背中部分にあるタンクがなく、水道直結で水圧に頼って洗浄する仕組みのトイレです。タンクがないことで、掃除がしやすく、スペースを広く見せるメリットがあります。

しかし、水道の水圧が弱いところでは設置ができないといったデメリットがあります。組み合わせトイレより価格は高めですがデザイン性が高いことから人気があります。

システムトイレ

配管と収納スペース、タンクと収納スペースなどがついた機能性が高いトイレです。タンク下に収納や、手洗いの配管下に収納を用意できるので、スペースを有効活用して、掃除や片付けがしやすいメリットがあります。

価格は一体型トイレと近い価格ですが、工期が長くなることと、狭いトイレルームに向かないといったデメリットがあります。

良いトイレを見つけたら自宅のトイレとの相性を確認

設置したいトイレのイメージが決まったら、自宅のトイレルームの広さを考えマシ用。システムトイレなどはある程度の広さがないと設置ができません。手狭なトイレに、タンクが大きなタイプやウォシュレットの機械で幅広のトイレを配置してしまうと、かなり動きにくくなります。最適な幅や高さ、排水の方向や高さなどの設置位置を確認して考えましょう。

大阪のリフォーム業者でのトイレのイメチェン例

クッションフロア張替え

大阪などのリフォーム業者では、タイルからフローリング風などイメージに合わせてクッションフロアを変えることができます。トイレのクッションフロア、床にはへこみ跡やその周辺に汚れが蓄積し色素沈着が起こっているケースがほとんど。

トイレリフォームでトイレのサイズが変わると隠れていた汚れやへこみが見えてしまいます。同時に張替え施行することがオススメ。

壁紙の張替え

クッションフロアだけでなく、同時にトイレの壁紙を変更することもできます。タンクで隠れた部分の汚れや壁紙の色が変わってしまっている状態は壁紙の張替えを同時に行なうことでキレイできます。

白い無機質な壁から、花柄などのボタニカル柄を取り入れることもできます。変色部分を隠すだけでなく、トイレをより素敵な空間にすることができますよ。

トイレ・洗面所のリフォーム事例

当サイトで紹介している大阪の優良リフォーム業者が手掛けた、トイレの施工事例をピックアップして紹介しています。

大阪のトイレリフォーム事例1

設備だけでなく、空間全体がリフォームされています。

before after
大阪のトイレリフォーム事例1 大阪のトイレリフォーム事例1
室内に洗面台を新たに設けるなど使い勝手にこだわり、利便性がアップしました。トイレは家族みんなが毎日使う場所なので、いつもキレイでくつろげる空間にしておきたいものです。
工事詳細
  • 費用:20万円
  • 取り付けた設備:パナソニック アラウーノS

大阪のトイレリフォーム事例2

リフォームの結果、無機質な印象が払拭されています。

before after
大阪のトイレリフォーム事例2 大阪のトイレリフォーム事例2
トイレに限らず水廻りは無機質になりがち。しかし、この事例ではリフォーム会社からの提案で、便器の背面に花柄の可愛らしいデザインクロスを配置しています。たったこれだけでも、施工前とは印象が大きく違います。
工事詳細
  • 費用:20万円
  • 取り付けた設備:温水便座(メーカー不明)、スポットライト(照明)

大阪のトイレリフォーム事例3

オシャレなお店にあるようなラグジュアリー感あふれるトイレに仕上がっています。

before after
No image 大阪のトイレリフォーム事例3
白い陶器のトイレを際立たせる個性的な配色を大胆に施し、ラグジュアリーなレストルームになりました。まるでブティックや飲食店のトイレのようです。新しいトイレは節水型のシャワートイレなので、使い心地が良いようです。
工事詳細
  • 費用:47万円
  • 取り付けた設備:TOTO ネオレスト AHタイプ

トイレリフォームの費用相場

便器の交換や壁紙の張り替えなど、トイレのリフォームに必要な費用についてまとめています。

  • 費用目安:20万円~100万円
  • 工期の目安:1日~3日

便器の交換とそれに付随する設備のリフォームであれば20万円程度で済むようです。また、トイレを移動・増設させる場合は、給水管の位置によって費用が異なるので、施工会社に相談してみるといいでしょう。

トイレをバリフリーにリフォームする際のポイント

トイレのバリアフリーはとても人気があります。通常のトイレというのは高齢者にとって入りにくかったり、介護する側にとっても不便に感じやすいポイントがたくさんありますよね。バリアフリーをすることによってそういった問題が解決できるのです。

頭に入れておきたいのが、家族でしっかり話し合いをした上で決めるということ。高齢者だけでなく、同じトイレを使用する若者の意見を取り入れることも重要です。

基本的に使いやすい扉は引き戸となります。自分の体が入りやすいだけでなく、介助する方も動きやすくなるでしょう。

トイレのリフォームをする場合、次のことを優先的に考えてみてくださいね。

  • 和式なら洋式に変更する
  • 手すりをつける
  • 急激な温度変化を防ぐため、暖房対策をする

手すりは座ったり立ち上がったりする際に便利なトイレの内側だけでなく、ドアを開ける際にあると便利な外側にも設置するのがおすすめ。

スペースに注意が必要

トイレのバリアフリーリフォームで気をつけなければならないのが、空間が限られているということです。手すりなどを設置したら空間がかなり狭くなってしまったといったトラブルも珍しくありません。

洋式にする際には後にタンクを置かなくて良いタンクレストイレを選択するなどして、できるだけスペースを広く使えるように検討してみましょう。

新たにトイレを増設するリフォームも人気

トイレ関係のリフォームの中でも需要が高いのが、これまでトイレではなかった空間に新たにトイレを設置するリフォームです。例えば、一階にしかなかったトイレを2階にも設置したり、さまざまなリフォームがあります。

具体的にどれくらいの費用がかかるのか、どのようなトイレを実現することができるのかなどについては各業者によっても変わってくるので、よく相談した上で検討してみましょう。

現在あるトイレをリフォームするのに比べると費用と日数はかかりますが、人気の高いリフォームです。

バリアフリー工事にかかる費用や補助金について

バリアフリーの工事にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。行なう工事の内容によっても変わってきますが、目安としては次の通りです。

  • L字型の手すりを設置…4万円前後
  • 開き戸から引き戸に交換…10~20万円
  • 便器の交換…10~20万円

複数の箇所のリフォームを行なう場合は、一度にまとめて行なったほうが諸費用などが安くなるため、費用を抑えることができます。できる限りまとめて行なうようにしましょう。

補助金の利用も忘れずに

バリアフリーの工事をしようと考えているのなら、必ずおさえておきたいのが補助金に関することです。バリアフリーにかかる費用を援助するために「高齢者住宅改修費用助成制度」という補助金制度が用意されています。

ただ、この制度を利用するためには要介護・要支援の状態に認定されていなければなりません。また、本人が住宅として居住している家に対してのみ認められることになるので、受験についてよく確認しておきましょう。

対象になった場合には1人につき20万円を限度額とし、費用の原則9割が介護保険から給付されることになります。しかも、費用が20万円に達するまでは何度でも申請が可能となっているので、簡単な工事を行なったあとに助成の範囲内で再度をほかのリフォームこのことも可能です。

実際の施工事例をご紹介

実際にトイレのリフォームをした方がどのようなことを行なっていくらの費用がかかっているのかなどについて詳しくご紹介します。

古いトイレがリフォームでよみがえった

  • 費用:1,000万円~
  • 工事期間:約1日間
  • 取り付けた設備:リクシルタイプ2

建物は築50年近く、使用していたトイレの型も古いものでした。そこで、リフォームをきっかけに新しいトイレに変更。トイレの中だけでなく、水周りもリフォームし、総合的に使いやすくなっています。

大掛かりなリフォームということでどうしても費用はかかってしまいましたが、リフォーム前にきちんと点検を行ない、家がよみがえったと感じているそうです。

和式から洋式に変更して使いやすく

  • 費用:~50万円
  • 工事期間:約半日
  • 取り付けた設備:-

築年数33年の物件です。これまでずっと和式トイレでしたが、使いにくさを感じ、リフォームで洋式に変更することに。リフォームを終えてみて、トイレが快適になったと感じているそうです。

2階の押入れをトイレに変更

  • 費用:50~100万円
  • 工事期間:4日間
  • 取り付けた設備:-

リフォームをする際に、2階に新たにトイレを設置したいと感じることもあるでしょう。夜中にトイレのたびに起きて一階に降りていくのは面倒ですし、高齢者の方は負担に感じてしまうこともありますよね。

こちらの例は、それまで押入れだった場所をトイレにリフォームした事例です。しっかりと引き戸をつけて、快適な空間を実現しています。必ずしも現在トイレがある場所にしかトイレを設置できないわけではないので、相談してみましょう。