大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 収納

収納

今ある収納スペースを改良する、新たに収納をつくるのが、収納リフォームです。

収納の種類や収納リフォームにかかる費用の相場、実際の収納リフォーム事例についてまとめました。

「物が増えた」「家の中が片付かない」と思ったら、収納リフォームを検討してみましょう。

収納リフォームの種類

収納リフォームには大きく分けると、今ある収納の使い勝手を改善するためのリフォームと新たに収納スペースをつくって収納量を増やすためのリフォームの2通りがあります。

ここでは、実際によくある収納リフォームのパターンをいくつかご紹介します。

収納スペースの改良

押入れをクローゼットに

和室を洋室にリフォームするのに伴い、押入れをクローゼットに改修する工事です。

本来、布団や座布団の収納を目的としている押入れは、衣類や小物の収納には向いていません。

そこで使い勝手の悪い中段や上段(天袋)を撤去し、ハンガーパイプや可動棚を新設。襖を引き戸に交換するなどして、使いやすくリフォームします。

収納スペースの増設

壁面収納を設置

独立した納戸や寝室のクローゼットはあるのに「リビングルームに収納がない」ということが、多いのではないでしょうか?

しかし、実際には本や雑誌、DVD、保証書類やアルバム、手芸用品や救急箱、アイロン、小さなお子様の学用品など、リビングに収納したいものは色々とあるものです。

このような細々したものを収納したい場合は、扉付きですっきりとしたデザインの壁面収納を設置すると良いでしょう。

可動収納で間仕切り

お子様が2人以上いる場合、新築時には子供部屋を広い一室として、将来的に個室に分けようと考えているご家庭が多いようです。

その際、ただ壁で仕切るのではなく可動収納を間仕切り代わりに配置することで、子供の衣類や学用品も自室へ片付けることができます。また将来的には可動収納を壁付けにして再び広い一室に戻すことも可能。収納で家の間取りに可変性をもたせられます。

小屋裏や床下を活用

どうしても収納が足りないという場合におすすめなのが、小屋裏や床下を活用した収納の増設です。

一般的に使い勝手が良くないといわれる小屋裏、床下収納ですが、お子様が遊ばなくなったけれど捨てるにはもったいないおもちゃや、小型のストーブや扇風機、クリスマスツリーやお雛様といった季節のものを収納するのであれば、小屋裏収納で十分でしょう。

床下収納は設置する場所に注意すれば、調味料や日用品など買い置きの品を収納するのに最適です。

この他、階段下や小上がりの下部も収納スペースとして活用できます。

収納リフォームの費用相場

収納スペースのリフォームにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。 改良の場合、増設の場合に分けて、それぞれの収納リフォームにかかる金額の目安を記載しますので、ぜひ参考にしてください。

収納スペースの改修工事

押入れをクローゼットに改修

  • 15~20万円/一間(畳1枚)分

押入れ内部やふすまの解体撤去を含む価格です。 壁や床、天井の仕上げを行い、ハンガーパイプや可動棚、建具は引き戸もしくは折れ戸を設置します。

引き出しを設置するなど、造作の部分が増えるほど金額は大きくなります。

収納スペースの新設工事

壁面収納の新設

  • リビング収納:30万円~
  • キッチン収納:30万円~
  • 玄関収納:10万円~

壁面収納は、サイズ(幅)や扉、引き戸の有無、可動棚の量、材質などによって費用が大きく異なります。

造作の壁面収納はどうしてもコストが高くなってしまいますが、その分、部屋との一体感が出て見た目も美しく、壁との隙間に埃がたまる心配もありません。

可動収納の新設

  • 30~45万円

一間半~二間分を既成の可動収納家具で仕切った場合にかかる費用です。

既製品といっても、上部やサイド用のスペーサーが用意されているものであれば隙間なくきちんと設置でき、見た目には造り付けの家具と変わりません。

造作で可動収納を設置する場合は、この金額の倍程度はかかると考えておきましょう。

小屋裏・床下収納の新設

  • 小屋裏収納:20~25万円/6畳分
  • 床下収納:5万円~10万円/600mm×600mm

小屋裏収納の増設は、天井に出入り用の開口を設けてはしごを取り付け、床の仕上げをした場合にかかる費用です。

取り外し式のはしごとするか、可動式にするかによっても費用は前後します。

床下収納は、床に開口を開けて床下収納ユニットを設置するだけの比較的簡易的な工事になります。

収納リフォーム事例

当サイトで紹介しているリフォーム会社が手掛けた、収納リフォームの事例をピックアップして紹介します。

事例1:元二世帯住宅の1階LDKを夫婦の部屋にリフォーム

収納リフォーム事例001

画像引用元:創建公式ホームページ
http://www.r-skn.com/example/all08.html

二世帯住宅で親世帯のLDKとして使用されていた1階の洋間を、可動式の間仕切り収納で仕切って2部屋に分けました。

内装も間仕切り収納もすべて白で統一したため、明るく爽やかな空間に仕上がっています。

間仕切り収納は高さも幅もぴったり部屋のサイズに合わせたため、可動式でもまったく違和感ありません。

工事詳細

  • 費用:-万円
  • 施工期間:-日
  • リフォーム箇所:居室の間仕切り収納

事例2:子供部屋に天井までの大容量クローゼットを設置

収納リフォーム事例002

画像引用元:創建公式ホームページ
http://www.r-skn.com/example/all17.html

二世帯住宅の大規模リフォームにあたって、2階の和室を子供部屋にリフォームしました。

四畳半のコンパクトな部屋になりましたが、元々押入れがあった所に半間分のデスクコーナーと一間半のクローゼットを備え付けたことで、機能性はバッチリ。

使い勝手の良い3枚引き戸は表面を壁紙と同系色の白っぽい色で仕上げたため、高さがあっても圧迫感を感じさせません。

工事詳細

  • 費用:-万円
  • 施工期間:-日
  • リフォーム箇所:子供部屋のクローゼット

事例3:広々としたキッチンに床下収納をプラス

収納リフォーム事例003

画像引用元:創建公式ホームページ
http://www.r-skn.com/example/all13.html

一戸建て住宅の全面リフォームを機に、キッチンへ床下収納を設置しました。

キッチンの床下収納は、買い置きの調味料や日用品の保管に重宝します。作業スペースを広くとってあるため、キッチンマットを敷いても開け閉めに支障が出ません。

工事詳細

  • 費用:-万円
  • 施工期間:-日
  • リフォーム箇所:キッチンの床下収納

事例4:天井まであった玄関収納を腰高サイズに

収納リフォーム事例004

画像引用元:株式会社ナサホーム公式ホームページ
https://nasahome.co.jp/works/w_entrance/20180114herringbonet

元々は天井いっぱいまでの高さがあった玄関収納を、腰高サイズのものに取り換えました。

突き当りのリビングのドアと同じ、シャビーな色合いのクエリホワイトの塗装がヘリンボーンの土間タイルともマッチして、レトロな可愛らしい空間を演出しています。

靴の収容量は減りましたが、圧迫感がなくなり小物や雑貨を飾るスペースができたことで、玄関に広がりを感じるようになりました。

工事詳細

  • 費用:-万円
  • 施工期間:-日
  • リフォーム箇所:玄関収納

事例5:壁一面のオープン収納でリビングもスッキリ

収納リフォーム事例005

画像引用元:株式会社ナサホーム公式ホームページ
https://nasahome.co.jp/works/w_living/20180113wallstoret

和室を解体し、LDKと一続きの広い洋間にリフォームしました。

壁一面を使って収納棚を造作。扉のないオープン収納として、趣味の雑貨やお気に入りの小物をディスプレイして楽しんでいます。

工事詳細

  • 費用:-万円
  • 施工期間:-日
  • リフォーム箇所:LDKの壁面収納

造作家具か?システム収納か?

壁付けや可動式の収納など、造作は高いからとシステム収納を選択する方も多いでしょう。

しかし、部屋の間口に合わせるために特注品をオーダーしたり、そで壁や垂れ壁の工事を追加したりとこだわった結果、造作と変わらない金額になってしまったという話も少なくありません。

造作かシステム収納で悩んだ時は、きちんと両方の見積もりをもらって判断するようにしましょう。

収納リフォームの注意点

収納するものに合わせて収納スペースをつくる

「収納はとにかくたくさんほしい」という意見は、リフォームだけでなく新築の家を設計する際にもよく耳にしますが、収納はただ増やせばよいというものでもありません。

収納リフォームで大切なのは量を増やすことではなく、「収納するもの」に適したサイズや形状にすることです。

またよく使うものや重たいものはすぐに取り出せる場所へ、小屋裏収納など出し入れに手間がかかる場所には使用頻度の少ないものを収納するなどの配慮も必要です。

収納リフォームの際には、まずどこにどのようなものを収納するのかという収納計画をきちんと立てて、それに見合ったサイズ・形状の収納を最適な場所へ配置するようにして下さい。

そうすることで、最小限の収納スペースでもスッキリとした室内を維持することができます。

リビングの場合

細々としたものが多いリビングには押入れやクローゼットのような奥行きのある収納は適していません。

納戸やウォークインクローゼットは真四角の4畳半より、面積は小さくても間口が狭く奥行きのある3畳間、4畳間の方が効率よく物を収納できます。

玄関の場合

コート掛けのある玄関収納をよく見かけますが、玄関でコートを脱がないご家庭であれば靴をしまうだけの奥行きの浅い下足箱の方が、玄関はすっきりと広く見えます。

決定!
優良リフォーム会社3選!