大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » リノベーション

リノベーション

大阪のリノベーション事例を紹介しています。また費用相場も調査しました。

リノベーションの事例

当サイトで紹介している大阪の優良リフォーム業者が手掛けたリノベーションの事例を紹介しています。

大阪のリノベーション事例1

大阪のリノベーション事例1 大阪のリノベーション事例1
大阪のリノベーション事例1 大阪のリノベーション事例1
築34年の古いマンションの間取りを変更して開放的な空間が生まれるようにリノベーションした事例です。リビングは一部屋を全て解体した後で、スケルトンリフォーム。
従来の間取りにとらわれることなく、明るい雰囲気を醸しだしている部屋が完成しました。天井と壁に採用した木目パネルがナチュラル感を生み出します。
開放感のあるペニンシュラタイプのシステムキッチンには、カップボードを収めるスペースもとってあるので、収納力ばっちりです。採光建具を上手に使って、生活感を隠す工夫もなされています。

大阪のリノベーション事例2

大阪のリノベーション事例2 大阪のリノベーション事例2
大阪のリノベーション事例2 大阪のリノベーション事例2
元々は施主の祖父母が住んでいた家。空き家になってからは庭をペット用のドッグランとしていたのですが、リノベーションして自分が住むことに。
キズの付きにくいフローリングを使い、リビングとデッキ、庭とを連続させるなど、ペットと快適に暮らせるように工夫されています。 快適性にもこだわり、しっかりと断熱性能をアップ。モダンでナチュラルな雰囲気の中にも、広縁のある和室はその趣を残したリフォームにするなど、味わい深い住まいです。

大阪のリノベーション事例3

大阪のリノベーション事例3 大阪のリノベーション事例3
大阪のリノベーション事例3 大阪のリノベーション事例3
結露によるカビや老朽化が目立った設備機器を一新した、リノベーションマンションです。 間取りを変更して通気を改善したり、2重窓を採用して断熱性能をアップ。珪藻土やエコカラットを使って、徹底的に結露防止対策がなされています。
リノベーションの際に、暗かったキッチンを明るく開放的なオープンタイプのキッチンに変更。 バス・トイレ・キッチンにも施主のセンスを活かしたカラーをアクセントに使っています。

リノベーションの費用相場

マンションの一室リフォームやリノベーションの費用相場を調べました。

  • 費用目安:200万~500万円
  • 工期の目安:2週間~2ヶ月

リノベーションとは、古い建物に新しく価値を付ける、全面リフォームの一種。そのため、対象の物件によっては数千万円の費用がかかることもあります。

既にマンションなどが立ち並んでいる都会では、新築マンションより2~3割ほど安いリノベーション物件も人気なのだとか。

お部屋全体の雰囲気をガラッと変える場合は、リノベーションを考えてみてもいいかもしれません。

フルリノベーションの項目別費用について

仮設・解体

リノベーションをする際には仮設工事を行わなければなりません。仮設工事とは、その名の通り仮設で作るものこと。

具体的には、完成時に残らないよう車用の仮設トイレや作業する際に必要な電気を引くための仮設電源、既存のものを解体・撤去する際に必要な解体撤去工事などです。

それから、大規模なリノベーションをすると工事が長期間に及ぶこともあり、その間はトイレやお風呂が使えないため、一時的な仮設のものを作る必要があります。

また、解体をする際にも高い費用がかかるのです。建物全体を壊してしまうのではなく、丁寧に手作業で解体しなければならない部分も多く、どうしても人件費がかかります。

どこまで解体するのかによっても大きく費用が変わるので一概にはいえませんが、2階建てのフルリノベーションで解体工事費用が15万円前後、仮設工事が10万円前後といった例があります。

木工事

木工事(もっこうじ)とは、木材に加工などをして組み立てや取り付けなど行う工事のこと。つまり、大工さんが行う作業ですね。

基本工事費といった名目になっていることが多いです。間取り大きく変更する場合などはこの費用がかなりかかってくることになります。

具体的な費用についてはケースによって全く違うので、自分が希望しているケースではどれくらいかかるのか事前に良く確認しておきましょう。

逆にいえば、間取りなどの変更はなく、簡単な作業のみにした場合、安い費用で押さえられることもあります。木工事については金額の変動が非常に大きい部分でもあるので、フルリノベーションの総合的な費用をできるだけ安く済ませたいと思っているのであれば、ここを抑えることに力を入れてみてはどうでしょうか。

金属工事

金属工事とは、金属製のもののこと、例えば窓枠などのことです。それから、雨樋のほか、水切りなど板金も該当し、こういったものを制作して設置する作業のことをいいます。

こちらもどのようなリノベーションをするのかによって金額はかなり変わってきます。バリアフリーに対応させるためのリノベーションを行いたいと思った場合、トイレや階段に手すりを設置することが多いですよね。こういったものの金属工事にも該当するため、バリアフリー化させたいと思った場合にはそれなりの金額がかかると思っておいた方が良いでしょう。

反対に、できるだけ金属系を使わない自然素材の家にリノベーションしたいということであれば、金属工事の費用についても抑えることができます。金属工事する箇所や、使う素材によっても費用は変わってくるのでよく確認しておきましょう。

建具・家具工事

建具(たてぐ)工事とは、扉や窓といったものを作って設置したり、ガラスを設置する作業などのこと。空間を仕切るもののことだと理解するとわかりやすいです。 家具工事とは、棚などを作って設置をする作業のことです。

気をつけておかなければならないのが、これらの工事については両方とも金額の幅が大きいといえるでしょう。例えば、かなりデザインにこだわった建具にしてしまうとオリジナルになってしまう可能性があり、高い費用がかかります。そうではなく、既製品を使うような形にできると費用が抑えられるでしょう。

他にも、「靴を買うのが趣味でシューズラックを造り付けしたい」といった場合には費用がかかりますが、市販の大容量のシューズラックを購入した方が費用は安く済むケースも多いです。

それから、障子の張替えなど簡単なものならば1万円ほどでも済みますが、ドアの取り付けなどは20万円以上かかるでしょう。

左官・タイル工事

左官工事とは、モルタルを使って壁や土間といったものを仕上げる工事のことです。タイル工事はその名の通り、必要な場所にタイルを貼って仕上げる作業のことですね。タイル工事については浴室とキッチンで行うことが多いので、これらの場所のリノベーションをする場合はタイル工事が発生すると思っておきましょう。

また、タイルには実に様々な種類があります。六畳程度のキッチンの壁と床のリフォームで材料費が平均15万円前後、工事費が10万円前後、廃材の処分費用などで1万から2万円程度が相場です。

左官工事については、20平方メートルの土間のコンクリート仕上げをする場合、大体20万円前後が相場となっています。左官工事自体は業者によって金額には大きな差が出ることは少ないものの、慎重に選びたいですね。

塗装・内装工事

塗装工事とは、塗装が必要な床や壁、天井といったものの工事に関することです。内装工事とは塩ビタイルやクロスを貼る仕上げ作業のこと。どちらも重要な作業です。

塗装工事の場合、どのような塗料を使うのかによって費用に差が出ます。安価なものを選ぶのも良いのですが、安全性などについてはよく確認しておいた方が良いでしょう。湿気の多いところでは耐水性のものを選ばなければなりません。

身体に優しく長持ちするのは漆喰ですが、費用は高いのでよく考えたいですね。室内の塗装の場合は100平米くらいの居室で8万円~12万円程度が相場です。

続いて内装工事についてですが、既存の設備を使うとある程度費用が抑えられます。クロスの張替えについては8畳で6~11万円程度、畳をフローリングにする場合は同じく8畳で25万円前後を1つの目安にしてみましょう。

住設(水回り)工事

フルリノベーションの費用をできるだけ抑えたいと思っているのであれば、重要な鍵を握っているのがこの住設工事にかかる費用だといえます。

住設とは、システムキッチンやトイレ、ユニットバスといった水回りに関する組み立て等設置に関する工事のこと。大きなユニットバスを入れようと思えばそれだけ高い費用がかかりますが、このサイズを抑えるだけでも費用はかなり変わってきます。

また、バスタブ自体の費用も商品によって違いが大きくて100万円単位で差が出ることもあるのです。

トイレに関しても一般的なシンプルなタンク型のものではなくタンクレストイレを取り入れたり、新しく手洗い場をつけるなどすれば総額は大きく膨らみます。選択する設備によって費用は異なるので、納得できる性能・金額のものを選びましょう。

ライフライン(電気・ガス・水道)工事

ライフラインに関連するリノベーションもいろいろあります。例えばガス工事についてですが、プロパンガスと都市ガスでは都市ガスのほうが安価ということで、リノベーションでこちらに切り替える方も多いようです。

この場合は引き込み工事が必要になってきます。業者によって工事費用は異なるので、よく確認しておきましょう。

キッチンの大幅なリフォームを行った場合にもガス工事が必要になるケースがあります。水道工事については蛇口の数を増やしたりした場合には工事が必要となり、キッチンや洗面台を移動したようなケースでは5万円前後の費用がかかるでしょう。

リノベーションの方法によってはコンセントの増設が必要になることもあります。この場合の費用は2万円ほどです。キッチン移動に関するリノベーションでは水道・電気・ガスそれぞれの工事が必要になることもあります。

現場管理・設計

現場管理とは、その名の通り、工事をする際の現場を管理するのにかかる費用です。つまり、現場監督をおくために必要な費用だともいえるでしょう。

また、設計も専門職の方が担当してくれるわけなので設計が発生します。これらについては業者による違いはそれほど大きくありませんが、納得できるところを探しましょう。 リノベーションをする際には設計がなければなりません。そのため、設計料も必須になってきます。

中には設計料が発生しないとしているところもありますが、その他の費用として組み込まれている可能性が高いです。具体的な費用についてですが、リノベーション会社に依頼した場合は総工事費の5~15%程度、設計事務所に依頼した場合は総工事費の10~20%程度かかると思っておきましょう。

できるだけ総合的な費用を安く抑えたいと思っているのであれば、リノベーション会社に依頼するのがおすすめです。