大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » 外壁

外壁

外壁は雨風や紫外線から家を守る役割をしています。外壁のリフォームについて、素材の種類やリフォーム方法、費用の相場をまとめました。

外壁のリフォーム

外壁のリフォームの理由として最も多いのは、見た目や汚れが気になるというものです。外壁は住宅の第一印象を決める大事な部分。外壁のリフォームを検討する理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

雨風から住宅を守るためにリフォーム

家は家族が暮らす生活の拠点ですが、その家を守るのが外壁の役割です。住宅は真夏の猛暑や真冬の氷点下、台風による大雨や暴風にさらされています。一見頑丈そうな家であっても、長年受け続けてきたダメージによる経年劣化は進みます。

そのため、普段は考えることは少ないと思いますが、家の外壁にも定期的なメンテナンスが必要です。劣化した部分をそのままにしておくと、外壁に亀裂が走り雨漏りを始める可能性があります。傷んだ部分から害虫が侵入して梁や柱に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。住宅トラブルを避けるためにも外壁のリフォームは重要です。

美観の向上のためにリフォーム

「住宅の見た目を良くしたい」というのが、外壁のリフォームにおいて最も多い検討理由です。外壁は住宅を保護するものですが、その家の印象を決める要素にもなっています。外壁の塗装を行うことで新築時のような美しさを取り戻せますし、新調する場合には今までと違ったイメージの住宅へと生まれ変わらせられます。

また、最近の外壁には遮熱や断熱、対汚染などの効果を持った素材も存在しています。定期的に外壁のメンテナンスを行うことで、住宅の美しさを保つことができるでしょう。

メンテナンスによる資産価値の維持のためにリフォーム

外壁のメンテナンスは住宅に長く快適に住み続けられるだけでなく、キレイな状態の住宅を保っていれば、資産価値を維持する効果にも期待できます。将来的に住宅を売却する場合には、メンテナンスを怠っていた住宅では買い手がつかないかもしれません。しかし、必要なメンテナンスが施され美しい外観をキープしていれば、売却時の資産価値の低下も防げるでしょう。

外壁の種類

外壁にはタイル・サイディング・モルタルの3種類があります。それぞれの素材に特徴や耐久年数があるので詳しく見ていきましょう。

タイル

タイルは3種類の素材の中で最も耐久生に優れており、基本的に補修や取り替えが不要です。耐火性や耐水性だけでなく耐候性にも優れており、色彩やテクスチャーが豊かなので、さまざまな風合いを出せるのが特徴。専用の下地に取り付けたものや、接着材で貼り付けたもの、異常に形成したものなど、取り入れ方も多岐に渡ります。外壁のメンテナンスの手間や費用を抑えたいという方にもおすすめです。

サイディング

サイディングはセメント系や金属系の素材を板状に形成した外壁です。外壁に採用されることが多いので、建売住宅などで見る機会も多いでしょう。軽い素材ですが耐火性や耐水性に優れていて、タイル調やスタッコ調のような模様が施されているのが特徴を持っています。サイディングは15〜20年ごとに補修の検討が必要です。

モルタル

セメントと砂を水で練り合わせて作られたものを塗装した外壁がモルタルです。素材が安価で耐火性には優れていますが、使用から10年程度で全面補修が必要になる可能性があります。施工には丁寧な技術が必要で、ヒビ割れや汚れに弱いのがデメリットです。

外壁のリフォーム方法

外壁のリフォーム方法には多くの工法がありますが、その中でも代表的な塗り替え・重ね張り・張り替えについて紹介します。

塗り替え

外壁にヒビ割れやチョーキング、苔や藻などの汚れが目立つ場合に塗り替えを行います。

ヒビ割れには大きく目立つものから、目を凝らさないと分からない小さな亀裂まであります。大きなヒビ割れだと、そこから雨水が入り込み、壁の下地を傷めることがあります。

外壁の塗料が粉末状になって剥がれてしまったチョーキングが起こると、塗料の効果は激減。このような状態では耐水性や耐火性が落ちてしまうので、外壁の塗り替えが必要です。

苔や藻などで外壁の汚れが目立ってきた場合にも、塗り替えで対処。既存の色とは違う色を塗ることで住宅の印象を大きく変えられます。

重ね張り

住宅の外観やデザインを、これまでとは違うものにしたい時に有効な工法が重ね張りです。別名カバー工法とも呼ばれており、その名の通り既存の外壁の上からサイディングボードを施工する方法です。既存の外壁を剥がさずに済むので価格を抑えられ、外壁が二重構造になることで断熱性も向上します。

ただし、外壁の劣化が下地にまで及んでいた場合には、重ね張りはできません。下地の補修を行わないと耐久性に問題が生じる可能性があるため、外壁を解体する作業が必要です。

張り替え

外壁の老朽化が原因で雨漏りといったトラブルが生じている場合には、下地の部分も劣化している可能性があります。このようなケースには、既存の外壁を解体して下地の補修を行い、新たに外壁施工する張り替え工法が必要です。外壁リフォームの中でも大掛かりな工事が必要になるので、工期と費用の負担も大きくなります。

ですが、張り替え工法でリフォームは、外壁と下地を同時にメンテナンスできるので、断熱材の交換や筋交いの追加なども同時に施工可能。断熱性や耐震性を向上させられるメリットがあります。

外壁のリフォーム相場

外壁リフォームの相場は20万円~300万円と価格帯が広いのが特徴です。外壁のリフォーム内容には補修・塗装・新調の3種類があり、それぞれ工事の規模が異なるので相場にムラがあります。

外壁の表面を補修するだけなら、全体に塗装を施して耐久性を上げる必要もあります。ですが、下地に傷みが生じていれば、既存の外壁を解体して修復しなければなりません。

それぞれのリフォーム内容の費用相場を紹介します。

補修

補修工事には最大80万円程度の費用がかかります。ヒビ割れや剥離、目地割れを起こしている部分を補修するのが主なリフォーム内容です。外壁のゴム製部分は経年劣化を起こしやすく、住宅全体のゴム製部分を補修するだけでも、20万円~80万円程度の費用がかかります。

塗装

建物の保護や耐久性の向上、美観の維持を目的として行われる塗装の費用相場は80万円~150万円程度。建物の規模によって使う塗料の量が増える以外にも、耐火性や耐水性、断熱性などの機能性の高い塗料を使用すると金額は上昇します。一般的によく使用されているのはシリコン樹脂性の塗料で、耐久年数は5~7年程度。シリコン樹脂性の塗料を使用した場合は、全ての工程を含めて100万円程度が相場となっています。

新調(重ね張り・張り替え)

外壁の新調は最も大掛かりな工事が必要となるので、費用相場も150万円~300万円と高額です。外壁の新調で用いられる工法は、「重ね張り」と「張り替え」の2種類。重ね張りは既存の外壁をそのままに、上から新しい外壁を重ねるので比較的費用を抑えられます。張り替えを行う場合は、既存の外壁を一度解体して、新たな外壁を施工するため費用が大幅にアップするのです。

外壁を新調する際には、どのようなサイディングを選ぶかによっても費用は異なります。耐久性を重視した張り替え工法なら、300万円程度の費用がかかるでしょう。

外壁のリフォーム事例

当サイトで紹介しているリフォーム会社による、外壁のリフォーム事例をいくつか紹介します。

事例1:シリコン系塗料で外壁をリフォーム

外壁のリフォーム事例001

画像引用元:創建公式ホームページ
http://www.r-skn.com/example/wall01.html

リフォーム前は長年の汚れがこびり着いて外壁に黒ずんでいる部分がありましたが、塗装によりキレイな姿を取り戻しました。今回の塗装で使用したのはシリコン系の塗料。耐用年数が長く、コストパフォーマンスに優れているのも特徴です。シリコン系塗料特有の光沢もあります。

事例2:ホワイトとグレーのコントラストがアクセントに

before after
外壁のリフォーム事例002 外壁のリフォーム事例003

画像引用元:ナサホーム公式ホームページ
https://nasahome.co.jp/works/w_exterior/modern-facade.html

元々はホワイト一色だった外装ですが、住宅の増築に伴い外装のリフォームも実施。外壁に使用した色のベースはホワイトですが、増築した部分にグレーを使用したことで全体の印象にメリハリが出ています。

事例3:外壁の塗装で新築のような外観に

before after
外壁のリフォーム事例004 外壁のリフォーム事例005

画像引用元:グッドハウス公式ホームページ
https://e-goodhouse.com/publics/index/100/detail=1/b_id=388/r_id=145/#block388-145

築年数が45年ということもあり外観に年季が入っていました。グレー系の外壁にも関わらず、目に見て分かる程の汚れが着いてしまっています。リフォームではベージュ系の色で塗装を施し、まるで新築のような外観に生まれ変わっています。

外壁をリフォームするメリット

家の第一印象を決める外壁。一般的に外壁は見た目のイメージに大きく関わる部分だと思われていますが、本来の役割は家の保護にあります。外壁の機能性によって、雨風や雪、紫外線などが受けるダメージを軽減してくれているのです。そのため外壁リフォームを行なうと住宅の耐久性の向上に繋がります。

外壁リフォームを検討すべき段階のひとつが、家の外壁に小さなヒビ割れが生じた時。見た目には大したことがなくても、隙間から雨や湿気が入り込んで外壁の下地や家の構造を劣化させてしまいます。あまり目立たない小さな傷のうちに外壁を補修しておくことで、住宅の耐久性を維持できるのです。

また、美しい外壁を保っている住宅は資産価値が上がります。同じ築年数の物件であっても、メンテナンスが行き届いたキレイな外観の物件の方が、買い手が付きやすいものです。将来的に家を売却する予定がある方は、定期的なメンテナンスを行っておいた方が良いでしょう。

外壁をリフォームするタイミング

外壁リフォームは、耐用年数を見て検討するのがおすすめです。外壁の種類にはタイル・サイディング・モルタルがありましたが、タイル素材を採用しているのなら基本的に取り替えは不要です。ただし、台風で飛んできた物によってタイルが割れてしまった場合には、補修を行うべきでしょう。サイディングやモルタルを用いている場合には、外壁を施工してから10年ぐらいでリフォームを検討する必要があります。

この他にも汚れが目立ってきた時や住宅のイメージを変えたい時に、リフォームを行う方が多いようです。また住宅の売却を予定していて、住宅の資産価値を上げるために外壁のリフォームを行う場合もあります。

外壁をリフォーム行う際はデザインだけでなく耐久性も重視!

外壁リフォームによって大きく変化するのは、住宅の見た目です。せっかくリフォームするのならオシャレで新しいデザインの外壁にしたいものですが、機能面の対策も忘れてはいけません。

外壁の塗装では様々な耐久効果を持った塗料を使用できます。また外壁自体を新しいものに張り替える場合は、下地部分の補強も可能に。大切なマイホームに長く暮らすためにも、見た目だけでなく耐久面も考慮して外壁リフォームを検討するのがおすすめです。

まとめ

外壁のリフォームにかかる費用の相場や工法、リフォームで得られるメリットについて紹介しました。外壁には外観の美しさを左右するだけではなく、住宅を保護する役割があります。

外壁のリフォームは耐久年数に合わせて検討することが大切です。快適な暮らしには外壁のメンテナンスが欠かせないことを理解して、適切なタイミングでリフォームを行うのがおすすめです。

決定!
優良リフォーム会社3選!