大阪の優良リフォーム業者 HOME » おすすめ会社のリフォーム事例集@大阪 » フローリング

フローリング

既存のフローリングの張り替えや和室のフローリング化といったフローリングリフォームについて、床材の種類やリフォームの方法、費用の相場についてまとめました。

フローリングのリフォーム

一般的にフローリングのリフォームはどのようなタイミングで行われるのでしょうか?

フルリフォームやリノベーションを機にフローリングを張り替えるというのはよく聞く話ですが、フローリングを単独でリフォームするという場合には、やはり何らかの理由があるものです。

和室を洋室にリフォーム

最近では和室のない家も多くなってきましたが、築30年、40年という築年数の古い住宅になると、最低でも1部屋、多い家なら2間続きの和室があるとか、2階が全部和室という家も珍しくありません。

しかし、今の若い人の生活スタイルに和室の造りは馴染みにくく、上手く活用されないまま物置状態になっていることも少なくないのが現実です。そのような理由から、和室の畳をフローリングに張り替えるリフォームが求められています。

建物の老朽化によるリフォーム

昭和30年より前に建てられた住宅の場合、無垢材が床に使用されていることが多いため、湿気や乾燥の影響で伸縮を繰り返します。

この時、木材が擦れて軋みが出ますが、これは自然現象ですから床の状態が良ければリフォームの必要はありません。

ただし、合板のフローリング床から軋み音が鳴る場合は、釘で固定されている部分の施工に問題が生じている可能性がありますから、一度リフォーム業者に見てもらうとよいでしょう。

床鳴りだけでなく床の沈みがある場合、土台や根太(※ねだ。床下に渡す横木のことで、床板を支えるために用いる)、大引き(※根太を支える重要な部材)といった床組みが腐食やシロアリ被害によって劣化していることも考えられるので、放置しておくと危険です。安全のためにも、一度リフォームを検討してみてください。

床の傷みによるリフォーム

床の軋みや沈みはないけれどフローリングの表面的な傷みが気になるという場合も、リフォームを考えるきっかけとなります。特に、お子様が小さいうちに建てた家は、どうしても床の傷みや汚れ等の劣化も激しくなりがちです。

無垢フローリングの場合は多少の傷や凹みであれば表面を削って補修することが可能ですが、合板フローリングは部分的な補修ができないため床一面をリフォームすることになります。

フローリングの種類

フローリングにも様々なタイプのものがありますが、中でも大きく2つの種類に分けることができます。それが、「単層」フローリングと「複合」フローリングです。それぞれの床材の特徴について見ていきましょう。

単層フローリング

単層フローリングとは、無垢の一枚板で作ったフローリングのこと。肌触りがよく温もりのある質感が、近年改めて人気を呼んでいます。

年数と共に深みが増していくのが自然素材である無垢フローリングの特徴で、年月を経ると共に艶が増し、美しい飴色に変化していきます。湿気を吸っては放出する調湿効果がある反面、伸縮を繰り返すため施工の難易度も高いリフォーム方法です。

傷や凹みは部分的に削って補修できるので、きちんとお手入れすることで何十年でも維持できますが、汚れや水ジミがつきやすくメンテナンスに手間がかかるもの。無塗装の天然木のまま使用するのではなく、表面を保護するための塗装を施して使用されることがほとんどです。

ただし合板のフローリングに比べると価格が高いので、「手を出しにくい」と感じる人が多いかもしれません。

複合フローリング

無垢床とも言われる単層フローリングに対し、複合フローリングは合板や集成材、単板積層材を重ね合わせて作られた工業製品、いわゆる新建材です。複層フローリングと呼ばれることもあります。

複合フローリングにも何種類かパターンがあり、基材の表面に木目柄をプリントした化粧シートを貼って仕上たものがよく使われます。フローリング材の中では最も安価ですが、プリント技術の発達により、昨今では本物の木目に近いデザインを表現できるようになりました。

もうひとつ主流なのが、基材の表面に突き板、もしくは挽き板を貼って仕上たもの。

突き板とは木材を0.3mmという薄さにスライスしたもので、挽き板は厚さ2mm程度に切り出した板のことをいいます。挽き板を使用したフローリングの特徴は、単層フローリングに比べて反りや収縮による寸法の狂いが少ないこと。無垢の味わいや質感を楽しめると人気を集めています。

化粧シートや突き板のフローリングを合板フローリング、挽き板のフローリングを複合フローリングと呼び分けて、予算的に無垢床は難しいけれど無垢の雰囲気を味わいたいという場合など、挽き板の複合フローリングが使用されることが多いでしょう。

ただし複合フローリングには掃除やお手入れがしやすいというメリットはあるものの、単層フローリングのように床表面を削って傷を補修することはできません。